栄養ワンダー2020:予防めし

日本栄養士会発「予防めし」がデビュー、今年の「栄養ワンダー」はインスタグラムで!

 新型コロナウイルスの影響を受けて、世の中では、新しい生活様式への行動変容が求められています。そうしたなか、日本栄養士会では、種々の疾患等の予防に役立つ食事「予防めし」を誕生させ、新しいライフスタイル、新しい食事習慣を提案します。
「栄養ワンダー・オンライン 2020」では、『栄養をたのしむ -「栄養のチカラ」で、感染症に負けない!-』をテーマに、大切な人を守る、明日から実践できる「予防めし」をインスタグラムで発信。管理栄養士・栄養士から、感染症予防に役立つ栄養と食の情報を全国各地へ発信します。

日本栄養士会HPより

今回私がインスタグラムで投稿した『予防めし』のご紹介

◆レシピ名:キウイでやわらか!さっぱり!豚冷しゃぶ



◆このレシピはたんぱく質、食物繊維、ビタミンB1、ビタミンCがしっかりとれます!

◆完熟キウイフルーツが持つたんぱく質分解酵素を利用することで豚肉をやわらかく仕上げることができます。また、豚肉には疲労回復効果のあるビタミンB1が多く含まれます。アリシンが含まれるにんにくと一緒に摂ることで更にビタミンB1の吸収がUP!抗酸化作用を持つビタミンCもたっぷり摂れるさっぱり豚冷しゃぶで負けない身体づくりを!!
.
【材料(2人分)】
豚肉(しゃぶしゃぶ用)・・・150g
キウイフルーツ・・・2個
トマト・・・中1個
だいこん・・・3cm
大葉・・・4枚
酒・・・大さじ1
塩・・・少々
【タレ】
酢・・・大さじ1.5杯
ごま油・・・大さじ1.5杯
砂糖・・・小さじ2
にんにく・・・1片
しょうが・・・1片
黒コショウ・・・少々

【作り方】 
①キウイフルーツ(グリーン)の皮をむき広げた豚肉にのせ②以降の準備をしている間、常温に置いておく。
②皮をむいたキウイフルーツ、トマトを一口大に切る。
③大根をおろし水を切っておく。
④大葉を千切りにする。
⑤にんにく、しょうがをすりおろし、タレの材料を全て合わせておく。
⑥②〜⑤を冷蔵庫で冷やす。
⑦鍋に水4カップ、塩を入れ強火にかける。煮立ったら酒を入れ中火にし、①の肉をキウイの皮を剥がして1枚ずつ入れていく。色が変わったらザルに上げて冷ます。
⑧冷やした②〜④と⑦を皿に盛り付けタレを添える。

【栄養価(1人分)】
エネルギー(kcal)325
たんぱく質(g)17.3
脂質(g)   8.5
炭水化物(g) 23.7
食物繊維(g) 4.2
カルシウム(mg)59
鉄(mg) 1.1
ビタミンA(μgRAE)41
ビタミンD(μg)  0.1
ビタミンE(mg) 2.2
ビタミンB1(mg) 0.73
ビタミンB2(mg) 0.20
ビタミンC(mg) 91
食塩相当量(g) 0.2

【その他の献立メニュー】
雑穀ご飯
豚出汁を活用した具沢山野菜スープ

#バランスの良い食事 #簡単レシピ #おうちごはん #キウイフルーツ 🥝 #zespri #日本栄養士会 #たんぱく質分解酵素 #アクチニジン #にんにく #アリシン #ビタミンB1 #ビタミンC #萩野祐子

普段フルーツを料理に使うことにあまり乗る気ではない私ですが笑
これは、自分で言うのもナンですが・・・本当に美味しかった!!
蒸し暑さで食欲が落ちてもこれならサラッと食べられて夏バテ防止にも本当にオススメです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です